第44回ユネスコ青少年キャンプ

 






                   

8月8日(月)から10日(水)まで、倉渕村にある「わらび平森林公園キャンプ場」にて、「第44回ユネスコ青少年キャンプ」が実施され、高崎市内の小中学生36名が参加しました。

ユネスコ力(自主性、協調性、忍耐力、情報活用力、表現力など)の涵養を活動目的として様々な行事を行いました。幸いにも、3日間天候に恵まれ、怪我や体調を崩した参加者もなく、倉渕村の大自然の中で、楽しく有意義なときを過ごすことができました。

キャンプの成果は、今後作文集にまとめられます。来年も実施する予定ですので、多くの児童生徒の積極的な応募をお待ちしています。

なお、参加要項は、来年度になって各学校で配布されます。








【44年目を迎えたキャンプの概要】
1.期日 平成28年8月8日(月)~10日(水)2泊3日
2.場所 倉渕わらび平森林公園(キャンプ場)
3.参加者 子ども36名(男女各18)、
        スタッフ25名(防犯・青少年課3、高経大10、会員16)
4.内容 
  [1日目]
子ども代表の宣誓・JL紹介など結団式、
出発
道祖神など倉渕地域遺産めぐり、村旗説明など入村式、高倉山登山、カレーライスつくりなど夕食作り炊飯@、活動を振り返り 一言スピーチなど夕べの集い、班員の名前を覚えるフレンドリータイム、バンガロー宿泊

  [2日目]
日程確認・目標発表・ラジオ体操など朝の集い、味噌汁・やさいサラダなど朝食つくり炊飯A、サンショウウオに巡り合う烏川源流探検、ソーメンなど昼食つくり炊飯B、ミュージックベル森のコンサート、バーベキュー夕食パーティー炊飯C、尊重・班長会議、班の出し物・やな日などキャンプファイヤー、バンガロー宿泊

  [3日目]
ハンバーグなど朝食つくり炊飯D、色紙作成による思いでつくりタイム、ホットドッグなど昼食つくり炊飯E、フレンドリータイム(ラジオ体操、思いで作文、やさしい英語コーナー)、キャンプ旗降納など退村式、子ども・JL代表の感想など
到着
解団式

本文へスキップ

国連ユネスコ精神を高崎から
TAKASAKI UNESCO ASSOCIATION

活動報告report

ユネスコ青少年キャンプ(44年継続)

平成29年度ユネスコ青少年キャンプは、台風による悪天候で危険が予想されたため、45年間で初めて中止となりました。
以下、平成28年度のキャンプの様子をお伝えします。


毎年8月上旬から中旬にかけて、2泊3日の日程で倉渕のわらび平において実施される行事です。参加者は市内在住の小・中学生(小学4年生以上)で、公募し決定します。
平成28年度は8月8日(月)~10日(水)に実施し36名の児童生徒が参加しました。市内の大学生もジュニアリーダーとして8名参加しました。

〈倉渕地域遺産めぐり〉倉渕村は、道祖神の宝庫。双体道祖神のほほえましい姿に思わずにっこり。




〈飯盒炊飯〉

食事作りは全員の共同作業。初めての火おこし、慣れない包丁。だからこそ美味しい。


               〈食事〉一番の楽しみは食事。何回もおかわりをする子がいて、たくましさに感心。







〈源流体験〉

高崎市の水道の水源を訪ねました。かわいいサンショウオが迎えてくれました。











〈フレンドリータイム〉

キャンプファイヤーの後、各班で創意工夫した出し物で楽しみました。













































































国際理解バス
(39年継続)

東京都内の在日外国大使館、青年海外協力隊(JICA)を訪問し、国際理解を進める行事です。交通手段はチャーターしたバスです。参加者は市内在住の小・中学生(小学5年生以上)で、公募し決定します。
平成29年度は8月24日(木)に実施され、35名が参加しJICA地球広場とケニヤ共和国大使館を訪問しました。




第39回高崎ユネスコ協会国際理解バス

                       
                       理解バス部長 中島千惠美

  

 今年も824日、小学生24名と中学生11名引率者7名添乗員1名、計43名は早朝より高崎市青年センターへ集まり出発しました。ここ十数年出発は城南球場駐車場からだったので、やむを得ず変更をしたことが心配ではありましたが、全員が揃って出発できたことは何よりでした。

 JICA地球ひろばとケニア大使館への研修に向かうバスの中はしばらく緊張感が感じられましたが、用意しておいたゲームヤクイズを始めると積極的な参加の姿が多くみられ、この研修の目的である「他校のお友達とコミュニケーションをすること」はすぐに達成。

 JICA地球ひろばでは異国の様子を掲示物を通して知り、協力隊の方からネパールの生活や支援の様子を聞くことができ、思い思いに写真を撮る姿やメモをしっかり取る姿が目立ちました。特に今回の展示ではSDGs(持続可能な開発目標)が工夫されており、地球ひろばのメイン取組となっていました。地球ひろばの担当者に、積極的に質問をしている子もいて目的を達成していることに目じりが下がりました。

バイキングのお昼は日頃食べている味とは異なった様子でした。辛いとか酸っぱいなどをそれぞれが感じたようでした。「食」は人によってずいぶんと違うもので、何回もお替りをする子も目立ちました。日頃の食事の様子を垣間見る思いでした。無駄にしない食事のマナーを口にする子もいて、頼もしいなと感じました。

 午後は目黒にあるケニア大使館での研修でした。1時間の研修時間を大幅に延長し、ビデオで紹介されたケニアの様子や日本とのかかわりや貿易を通訳の方を通じて理解いたしました。子ども達の積極的な姿が担当者に好印象を与えたと通訳官からのお誉めの言葉がありました。特に英語の挨拶も流暢だったり、日本の伝統文化を披露したりして、大使館の方々に好印象だったようです。子どもたちも目的である「外国を理解すること」がここでも達成できたと言えます。残念なことは質疑応答の時間が少なく、たくさん質問を用意していった子には物足りない結果になったことです。

 今回の参加者には地球ひろばからSDGsの取組の課題が出されました。それぞれが、2030年までに叶えたい目標をしっかりともって生活してくれることを願っています。

 関係各位にたいへん御尽力をいただきました。感謝申し上げます。

 



                
       JICA玄関前にて

    JICA                       



                           JICA国際交流センターにて



                                   JICA地球広場にて















ケニヤ共和国大使館訪問




平成25年度チェコ共和国大使館、平成26年度キルギス共和国大使館、平成27年度ラトビア大使館、平成28年度チェコ共和国大使館、平成29年度ケニヤ共和国大使館を訪問しました。

(左:平成29年度ケニヤ共和国大使館訪問時 児童が日本舞踊を披露)  (右:平成29年度訪問時 集合写真)                        




国際児童画展(45年継続)

 「第45回高崎ユネスコ国際児童画展」を平成29年10月27日(金)〜11月1日(水)、高崎シティギャラリーで開催いたしました。高崎市内の小、中・特別支援学校の児童・生徒から寄せられた1,000点を超える作品が展示されました。
 入場者総数5,013人とたくさんの方々の来場を得、市民に定着していることを実感しました。
 
 









なお、作品には各種の賞が付与され、入賞者115名は平成30年2月25日(日)、高崎市文化会館大ホールで行われた合同表彰式で表彰されました。

   高崎市立大類中学校 吉田清明審査委員により最高賞の作品が作者と共に紹介され   講評が述べられました。

               ※児童画の講評はこちらをご覧ください。


[最高賞]
高崎市ユネスコ協会長賞:小学校の部      高崎市八幡小学校 6年 高橋 敦大

  「いつもの学校」      高崎市立八幡小学校6年 高   

  この作品は、ぼくが六年間過ごした八幡小学校の校舎を描いたものです。
奥行きを出すために木を手前に配置し、校舎を後ろに描きました。
  校舎の手前の花だんや木、タイヤの距離感を出すことがとても難しかったです。
また、太陽のある場所を考えて、光の感じやかげを描き、立体感を出すように工夫をしています。

  このような賞をいただけるとは、思ってもいなかったので、とても驚くとともに、大変うれしく思いました。これからさらに深みのある描き方や色の重ね方を学び、人の心に残るような作品を仕上げられればと思っています。


高崎ユネスコ協会長賞:中・特別支援学校の部  高崎市立箕郷中学校 3年 長島 侑以
 


 「私は絵を描くことで できている」   高崎市立箕郷中学校3年 長 以 
 私は幼い時から、絵を描くことが好きでした。運動や勉強はそれほど得意ではありませんでしたが、絵を描くことが唯一、楽しいことでした。中学校では美術部に入部し、また自分の技術をより磨くため、デッサン教室へも通いました。私の中学校生活は絵を描くことに捧げたと言っても、過言ではありません。それほど、私は絵を描くことが好きです。このことから、私は絵を描くことで出来ていると思います。
 今回、自画像を描くにあたって卒業前の自分と向き合いたいという思いで、私はこの絵を描きました。

 自分と向き合い、問いかけ、「私は何が好きで、何を頑張っていて、何ができるか。」と考えました。そして、それは、『絵を描くこと』だと気付き、絵を描いている自分にしました。この絵には、私の現在進行形で進化していくという意味が込められています。絵の中の朽ちていくリンゴで、自分が衰えることへの不安を表現しました。
 私はこの絵を描くことで、これからも、絵を描きたいという思いと、自分の画力がほかの人には越されたくないという思いを発見できました。これを将来に生かしていきたいです。
     

ユネスコ作文募集(45年継続)

平成29年度も1月初め市内の小、中学校の児童生徒へのユネスコ、世界平和、国際理解、国際交流にかかわる自由作文公募に対し、小学校488編、中学校536編合計1,024編の作文が寄せられました。
なお、1月中旬審査員16名の審査に基づいて作品には各種の賞が付与され、入賞作品(65点)はユネスコ作文集として刊行されました。
入賞者65名は2月25日(日)、高崎市文化会館大ホールで行われた合同表彰式で表彰されました。

 以下最優秀賞2点をご紹介します。









小学校の部
高崎ユネスコ協会長賞「心に花を~初めてのヘアドネーション〜」
          高崎市立中川小学校4年 
小松 美羽)



心に花を〜初めてのヘアドネーション〜
             高崎市立中川小学校4年 小松美羽

「ヘアドネーション」を知っていますか?ヘアドネーションとは、病気や事故により、かみの毛を失った人のために、かみをきふする活動です。そのきふされたかみの毛でかつらを作ります。わたしが、この活動を初めて知ったのは、二年生の時でした。お母さんが新聞を読みながら教えてくれました。長いかみの時の写真を持って、笑っている男の子がいました。『かみをのばしてうれしいことがあったから、ぼくのかみにはハッピーがいっぱいつまっている。自分のかみだと思ってすごしてほしい。』と、のっていました。わたしは、こまっている人のために自分のできることをしていてすてきだなと思いました。ヘアドネーションは、女の子だけでなく男の子もできて、白がの人でも外国の人でも、かみの毛をきふしたい気持ちがあれば、だれでもできます。あたたかい、やさしい気持ちがたくさんつまったかつらのプレゼントなのです。
 わたしも、ヘアドネーションをして、こまっている人の役に立ちたい!! と決心しました。夏の暑い日は、あせがダラダラ流れ、風の強い日は、バサバサ、ヒュルーと、かみはぐちゃぐちゃになりました。冬の日は、かみが全然かわかなくて、ドライヤーの時間が長く、ブルブルこごえるようでした。大変なこともたくさんあったけれど、かわいいリボンやカチューシャで、楽しくおしゃれもできて、ロングヘアはハッピーなこともありました。
  のばし始めて二年半ほどで、きふに必要な三十一センチメートルになりました。うれしいこと、悲しいこと、いつもわたしの一部分だった長いかみの毛を切ることは、正直、少しさびしく、とても心配でした。でも、かみの毛を失ってもっとつらく悲しい日々を送っている人のために、わたしのかみが役立つのなら、喜んできふしたい思いに変わってきました。かつらをもらった人が、笑顔でかわいいおしゃれをしたり、街に買い物に出かけたりする様子を想ぞうしました。二つにたばねられたかみの毛は、キラキラかがやいているようで「ありがとう」と笑っているようでした。手に持ってみると、宝物みたいにずしりと重みを感じました。美ようしさんに、
 「このかみの毛が、すてきなかつらに生まれ変わるようによろしくお願いします。」気持ちをこめて、そっとわたしました。
  わたしの初めてのヘアドネーションは、去年の四月の終わりの出来事でした。また、かみがのびたらヘアドネーションをするつもりです。ヘアドネーションはだれでもできるので、もっとたくさんの人に知ってもらって、きふの輪が広がるといいです。良い行いをすると、心に花がさきます。ヘアドネーションをしてきれいな花をさかせましょう。だれかのために、どんな小さなことでも、自分ができることをして、心にたくさんのきれいな花をさかせていきたいです。

      

 








中学校の部
高崎ユネスコ協会長賞:「私の知らないボランティア活動」
         高崎市立片岡中学校2年 中井 美伶


     

 

私の知らないボランティア活動
              高崎市立片岡中学校二年 中井 美伶

 ボランティアといえば、私が普段目にするのは地域の挨拶運動、地域のパトロール活動です。地域の人たちが私たちを見守ってくれていると思うと感謝と共に安心感を覚えます。ボランティア活動の本当の意味を辞書で調べてみると、「誰かの役に立ちたいという意志を行動で示すもの。」と書いてありました。きっと、私の知らないボランティア活動がほかにも沢山あるのではないかと思いました。
 私は昨年の二月に、一週間の短い間でしたが、病院に入院するという経験をしました。その時偶然、病院内で手話通訳の方が患者さんと手話で会話し、看護師さんに通訳していて、そのにこやかな姿に私はしばらく見とれてしまいました。後で担当の看護師さんに手話通訳さんを見たことを話すと、その手話通訳さんを知っていて、あの方はお願いするとボランティアで病院に来てくれる方であると教えていただきました。私はボランティアであるということを聞いてさらに驚きました。私は思わず看護師さんに私も手話通訳さんみたいになりたいと言ってしまいました。看護師さんは、患者さんの数に対して手話通訳さんが極端に不足しているから是非将来手伝って、と言っていました。そして私の入院生活も終わり、退院後、検査の為違う病院に行きました。その時、外来受付のカウンターの上にかごに入ったタオル生地で出来た可愛い帽子を見つけました。私は入院中、病院内にある売店に時々買い物に行きました。売店には普通にコンビニエンスストアで売っている物の他に、入院中の人のために必要な沢山の種類の物が売っていて、 石けんや洗面器、コップ、サンダルなどの中に、柔らかい生地で出来た帽子があったことを思い出しました。かごの中の帽子をつい触ってみたら、柔らかくミシンの縫い目が皮膚にあたっても痛くないよう工夫して縫ってあり、手作りで出来た思いのこもった物に思えました。かごの後ろに帽子の説明のポスターが貼ってありました。「患者さんの励みになるように作っています。」と書かれていて無料で配っていること、ボランティアで作っていることが分かりました。そして、患者さんやそのご家族からボランティアで作っている人への感謝のお手紙を出すコーナーがありました。私は患者ではないのでお手紙は出せませんでしたが、「色とりどりの帽子、一つ一つ丁寧に思いのこもった帽子を見てうれしくなりました。私も裁縫が大好きなので、こんなボランティアもあることを知り、いつか作ってみたいと思います。」と、お手紙をだしたいと思いました。医療のボランティアをさらに調べたら、「ヘアドネーション」というボランティアを知りました。病気やケガなどで髪に問題を抱える子供たちに無償でウイッグを送るボランティアです。活動に協力してくれる美容院でカットしてくれるようです。これなら私にも協力出来そうな気がします。
 ボランティア活動と言っても、沢山の種類があることが分かりました。今まで知らなかったこと、つまり、「見えないボランティア」を私は入院という経験を通して知ることが出来ました。入院中に、自分との闘いを前向きに強い意志で治療している患者さんを沢山見ました。そんな人たちを笑顔に出来る、喜んでもらえるボランティア活動をしてみたいと思います。

その後、高崎市立佐野中学校 品田京子作文審査委員長による講評が行われました。

             ※作文の講評は、こちらをご覧ください。


 


  

高崎ユネスコ協会

創立:昭和44年(1967年)11月24日

会員数:343名(平成28年5月1日現在)

会長:樋口克己(平成26年度〜)

事務局:
〒370-8501
群馬県高崎市高松町35番地1
高崎市市民部防犯・青少年課

TEL 027-321-1297